読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kuni.art

旅行、お気に入りを紹介。

【オーストラリア旅行1】海外旅行出発前の準備と動機を振り返ってみました  

 

 

こんにちは、くにあきです!


2016年の秋のシルバーウィークの間オーストラリアにいってきました。
写真フォルダに眠っているだけではもったいないので、かくことにしました。

 

 


【オーストラリアへ行った理由は・・・】

 

秋のシルバーウィーク休暇で英語圏の海外旅行をしたかった!自宅で過ごすのはもったいない、滅多にないから海外へ行ってみたい。という思いからです。

 

シンガポール、カナダ、イギリス、オーストラリア・・・とどれにしようか。1週間とれるなら、遠出してみたい。

 

それと、海外で働く感覚はどういうことだろう?
現地で生活している日本人ともし会えれば、きっともっと面白いだろう。

 


検索キーワード「オーストラリア 永住権」で、オーストラリア現地生活サイトAplac(アプラック)をみつけました。


充実した内容で、すぐ近い日にオフ会を開くと知り、現地のみどころやオススメルート、何か面白いことを知りたくて参加しました。

 

多くの都市を見て回りたくて周遊したかったのと、オフ会幹事のOさんより、オーストラリアなら、シドニー在のTさんと、メルボルン在のYさんに
会ってみるといいよと聞いたので、その2都市を軸にプランをたてようと決めました。

 

これをきっかけに旅のプランをオーストラリアに決定しました。

 

START(関空)→ケアンズシドニーメルボルンケアンズ関空(GOAL)


ケアンズ →世界遺産キュランダ村・グレートバリアリーフ。田舎のオーストラリアと綺麗な海!
シドニー →世界遺産ハーバーブリッジ・オペラハウス。エージェントのTさんに会う。シドニーマラソンや市内観光。
メルボルン→西欧の雰囲気がする芸術都市・現代美術館。シェアハウスオーナーのYさんに会う。メルボルンオフ会。

 


海外線と都市間はジェットスターですませることにしました。

添乗員・ツアーやパックツアー、格安ツアーでなく、Booking.comやジェットスターHPでチケットを購入しました。

 

こうすることで、費用をおさえつつ、何処へでもいける融通のきく旅になります。
ジェットスターは日本国内で何度か使ったことがあり、フライト時間が変わっても大丈夫だと思い利用しました。

 

本当はブリスベンゴールドコーストにも行きたかったのですが、一週間だとこれでいっぱいいっぱいになります。


各2日間前後なので、慌ただしい部分もあります。
もうちょっとゆっくりしたかったですし、いいところで時間の関係上いかなければならないことも多かったです。

 

 f:id:kunimore:20170327073158p:image

 


【出かける前に・・・】

 

 

・貴重品の準備。パスポートやお金など。
・飛行機とホテルの予約(支払)
・オーストラリアの本や情報を集めて、楽しみに過ごす。

 

 

 

荷物は極力減らそうと考えました。必要のないものは途中で捨てる方針です。
お気に入りのパタゴニアアーバーパックに必要なものを入れていきました。

 

必要なものは現地で手に入れたら良いし、身軽なほうが楽だとのことで、スーツケースも持ちませんでした。
インターネットが使える分、気持ちも余裕だったかもしれません。

 


VISA:VISA(ETAS)はビューグランドから申請しました。スムーズに進みました。
また、日本出国時、紙のビザ証明書は必ずしも必要なく、証明書がかかれたメール文章をスマートフォンにいれる等でも大丈夫でした。
最終的には、空港現地で航空券を受け取ることにより、VISA証明確定になります。

 

 

Wifi:データ無制限のワールドDATAを利用。
オプションツアーの購入、メルボルンオフ会の連絡などでWifiスポット以外でも必要だと思い、ルーターをレンタルしました。
グローバルやイモトなど様々ありましたが、値段の安さと口コミ、データ無制限とのことでワールドDATAにしました。
関西空港2Fの郵便局にルーターが小包でとどいていて、当日からすぐ使える状態。
説明書と同封され、期限が来たら、日本のポストに一式いれて完了!

 

 

 

 

 

 

シルエットSilhouetteは、最高に軽いフチなしメガネ。

こんにちは、くにあきです。

 

普段かけているシルエットSilhouetteについてかこうと思います。

 

そう、シルエットが大好きです。

 

 

 f:id:kunimore:20170327073023j:image

細身のフォーム,ネジもない

 

 

ーーー

 

 

ーーー

【私の購入経歴】

高校生デビューで、ナイロール(上側のみフチ有)のブラウンを使っていました。


ブラウンはそれほど主張しない色で、

ナイロールはフチも少なく、視野を広く取る事ができ、なかなかのお気に入り。

それから2本目もナイロールを使いました。

 

就職活動後、パソコンをよく使うようになったので、

ブルーライト軽減のメガネに切り替えました。

ですが、レンズに青い蛍光が映るのが気になってしまい・・・

 

 

その頃、自分好みのフレームデザインを見直したく、

メガネ屋さんに足を運ぶことになりました。

 

 f:id:kunimore:20170521224536j:image

 

【フチなしメガネって・・・】

 

フチなしの魅力は、ナチェラルな状態でいられることです。

メガネをかけない状態に近いので、その分コンタクトレンズからも移行しやすい気がします。

 

極太のフレームよりもなんというか、なんとなく優しい雰囲気を感じたり、

声をかけやすい気もします。※主観です

 


フチとレンズのかたちは顔の輪郭で選んだほうがよく似合うようです。

 

フチなしメガネの場合は、ユニセックスモデルが多く、

輪郭、顔のかたちや性別に左右されにくく

比較的誰がかけても似合うようになっているようです。

逆にメガネの個性はちょっと薄いようです。

 

 

メガネを外したほうが似合うと言われ、コンタクトレンズを考えましたが、
目に入れるのが嫌なことと、つけかえる手間が面倒だと感じて止めました。


フチが視野に入らないので、うっとおしくなく、

目から見える景色もスチロールの時と比べて好きになりました。

f:id:kunimore:20170521224453j:image
ネジがゆるくなりやすい等ですが、

シルエットにはネジはなく、はめ込み式で安定感があります。

 

※厳密には2〜3年で度数が変わるのでその都度調整予定
 

 

 

 

 

【シルエットSilhouette】

 

それで、ふちなしメガネを探していました。
あと軽いメガネ。


インターネットで調べていったら、シルエット、メガネ市場のゼログラビティ、パリ三城のmicro-titan、iphoneスティーブ・ジョブズの丸メガネのルノア(Lunor)classic Round、あたりが気に入りました。

 f:id:kunimore:20170521224556j:image

Classic Round以外は実際に試着することができ、かけ心地を試すことが出来ました。

ゼログラビティは折りたたみタイプと折りたためないタイプがあって、

細い輪を頭の上に乗せるイメージでした。

 

 

micro-titanはネジありますが、ゆるみにくく、デザインもシンプル。
ノアは近所では見当たらなかったのと、ちょっと予算オーバーでした。

それで、シルエット。

 

 

シルエットはフチなしメガネを専門につくっているオーストリアで有名なメーカー。
高級感漂います。

百貨店で試着でき、頭が鮮明になった気がしたので、これにしようと決めました。

 

 

 

【それで】

同時に、楽天でもメガネを見ていて、ちょうどシルエットのレンズ付きが手頃価格で販売されていました。

ネットで加工付きのメガネは初めてで、電話で取引の流れやアフターサービスを聞いていて良さそうだったので購入。
(※メガネ、レンズ交換のアイベリー。丁寧な対応だった)

 


購入したメガネはminimal-x(ミニマルエックス)という型です。エントリーモデルといえど、口コミ満足度が非常に高かったです。
ばね状の樹脂性で出来て、フレームは非常に軽く(最軽量モデルは1.83gらしい)、曲線がまた美しいです。
ネジがなくはめ込み式なので、こわれにくく、NASAの宇宙飛行士が良く選んでいます。

 

 

薄型非球面1.60レンズ付きの送料無料。送料、税込で23,760円。

あらかじめ眼科で視力を調べて、目の情報を申し込みに記入します。
私は乱視が入っているので、C-1.25とかもかいていきます。

 

 

レンズの形状やオプション(カラーを入れるとかフレームの色とか)も選ぶことができ、お店で買うのと大差ないですね。

百貨店でもし買うと、レンズにもよるけど4万円くらいします。

 


 

※後日、細部含みのことを書いてみます。

 

 

 

ありがとうございました。

富士フイルムのミラーレス一眼

 

 

こんにちは、くにあきです。


ミラーレス一眼カメラが欲しいと思っています。

 

どうしてそうなったのか、

カメラを持つとどうなるのか、

考えてみようと思います。

 

 

ーーー

1.経緯

2.変化

3.持ってみたいミラーレス一眼カメラ

4.まとめ

ーーー

 

 

ーーー1.経緯ーーー

 

綺麗な写真を撮りたい。

 

スマートフォンで撮った写真と、

デジカメで撮った写真を比べ、よく見ると

写りの奥行きや質感が違ってみえました。

 

 

暗所や逆光に強いのがいい。

 

日が落ちそうになった夕方や、夜のパーティや食事、夜のライトアップ、

ちょっと暗くて見えにくかったり

あともうちょっと顔が明るく写っていれば・・・


後、カメラかっこいい・・・

 

 

 

 

 

ーーー2.変化ーーー

 

 

基本的には

「撮りたい!」「撮っとこう!!」

と思った瞬間、

ポケットにあるスマホを取り出して撮ることが多いです。

 

 

なので、ミラーレス一眼カメラはなくても困ることは少ないです。

 

ただ、今までそうだったので、これは使ってみないと分からないですし

使ってみて良かったら続けたらいいなと思ったものでした。

 

 

 

 

ーーー3.持ってみたいミラーレス一眼カメラーーー

 

 


今持っているのは、オリンパスのSHー60(2013年モデル)です。

 

f:id:kunimore:20170327073454j:image

 

ちっちゃくてズームもできる、可愛いカメラです。
なかなか良く、旅行のときなどによく使っていました。

 

私は荷物をあまり増やしたくないです。

 


量販店に足を運んでみて、種類いっぱいありすぎて疲れました。

ちょっとわからなくなりました。

 

 

直感で選んだあたり

Canonのkiss7

SONYのa6000

リコーのGRⅡ

富士フイルムのFUJIx

あたりをみていました。

 

カメラの大きさ

①GRⅡ<②a6000<③FUJIxシリーズ<④kiss7

 

①ジーンズのポケットに入る

②ジーンスのポケットに入らないけど小さい

③ポーチに入る

④かばんやリュックに入る

 

 

 

 


ミラーレスでも大きい小さいがあるのですね。

今持っているカメラは①か②あたりですが、

コンパクトであるほど使う機会が増えると考えています。

 

 

※ただ、常時もっているスマートフォンには敵わない

 

 

 

GRは、とことん小さい。

ソニーa6000は、軽量でバランス良い。
FUJIは、『フジノンレンズ』という歴史あるレンズも魅力

kiss7はベストセラーで拡張性も高い。

 

 

 

f:id:kunimore:20170325080419j:image

 価格コムのカメラ金賞の2品より・・・選ぶとしたら。

ふとした時描いてました。

 

 

ーーーまとめーーー

 

 

この先、カメラを使うのか、と心の底にあるものだから
FUJIのXE-1(中古で21,800円)を注文することにしました。
それに価格コムのプロダクトアワーで賞を獲得していて、いいカメラ。

 

ちょっとレトロな感じや、ダイヤルで直感的に操作できる部分、気に入りました。

単焦点レンズも一つ購入。

 

面白かったら、最新のモデルに切り替える作戦。

 

 

 

 

 

こんな感じで!

ではまた!

 

 

 

 

 

 

みつけていただきありがとうございます

 


こんにちは、くにあきです。

数あるブログから見つけて下さりありがとうございます。


自己紹介を兼ねて。

宜しくお願いします。

 

f:id:kunimore:20170317230738j:plain

青空大好きです。

 


 ーーー

1.主な内容

2.自己紹介

3.まとめ

ーーー

 

f:id:kunimore:20170321195551j:plain


こんにちは。

 

ーーー1.主な内容ーーー

 

アート(建築デザイン):雑記

 

8:2

 

でひとまず書いていく予定です。

20記事書いたらまた考えていきます。

 

※試行錯誤中です

 

 

ーーー2.自己紹介ーーー

 

鳥取県生まれ。

建築学科卒業後、

建築積算を積み、

今は、交通事業の業務をしています。

 

『将来、海外で活躍するアートデザイナーになりたい』

と公言しました。

 

 

 

※某意見交換会にて

 

 

 

趣味は

・バドミントンの強スマッシュ

・軽い気持ちの旅行

・昼寝

ビデオゲーム(特にスーパーファミコン

・アート鑑賞

・物思いにふける

 

 

ーーー3.まとめーーー

 

アート系を書いていくことと、簡単な自己紹介をさせて頂きました。

 

・・・素直に書きますと、
今まで溜め込んでばかりで、アウトプットしたくなった

 

フェイスブックツイッターだと、

ゴミ箱みたいに文章流れてしまいます。

 

 

しばらくブログを続けていきます。

 


正直なところ、文章を書くことは得意ではないですが、

慣れたらなんとかなる気がします。

最初から上手い人なんてそうそういないですし。

 

 

様々な方々と出会えると嬉しいです。 

ではまた!