読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kuni.art

旅行、お気に入りを紹介。

【体験】ヨッセンスのヨスさん講師の岡山ブログカレッジに参加しました。

 

こんにちは、くにあき(ブロガー)です。

先日、岡山ブログカレッジ会に参加しました。

 

 

 

「岡山 スマホ」で検索したら、ガジェットやアイドルわーすたに詳しいチーさん(@ktoi_chi)があります。岡山スマホユーザー会です。

月に一度、スマホやガジェット、その他なんでもの懇親会があります。

(2016年の冬ごろに知りました。)

estpolis.com

そちらの紹介から、今回岡山ブログ会第一回開催を知り、参加機会をいただき、

非常に有意義な時間を過ごしました。

 

それで思ったことなどを書いていこうと思います。

 

 

 

岡山ブログ会って?

 

第一回目となる初のブログを書く人の意見交流会。講師ヨッセンスのヨスさんが招かれました。しましまの帽子が印象的な、プロブロガーの方です。

 

 

今回の場所は、岡山県倉敷市。桜花。

古民家をリノベーションしたような佇まいで、吉備団子とお茶でゆっくりできる雰囲気です。

近場が桜の名勝となっている倉敷酒津公園。

日曜日で桜満開ということもあり、非常に賑やかで、駐車場がどこもいっぱいで駐めるのに30分以上かかってしまいました。

 f:id:kunimore:20170416094141j:image

えっちらこっちら探してようやく到着。

 

ぼつぼつ、メンバーが集まり、

14時から、ヨスさんの『人気ブログになる秘訣』と、takaさんの『夢について語ろう』が始まりました。

 

チーさん(@ktoi_chi)、

takaさん(@takaiphone2010)、

もりだいさん(@Mori2nd)、

ゆーたすさん(@yutas0609)、

aruteoさん(@aruteo)の

ヨスさん(@yossense)の豪華メンバー、

 

岡山だけでなく、鳥取、大阪、広島から本気度Maxブロガーの皆さん。気合いが入っています。

 

 

 f:id:kunimore:20170416094434j:image

 

 

『人気ブログになる秘訣』

  

 

タイムスケジュール合計3時間程度。最後は名刺交換や雑談感想などでした。

知らないことの多い私にとって、とても濃い内容でした。

「実際の」生がわかるので、レクチャーだとか講演会だと理解度が全然違います。

 

端的ですが書き出しますと(聴きながらタイプしておられる方もいた、それもいいな)

 

 

・とにかく記事をかいてみる。主観でOKなのでどんどんかく。

・アンチは気にしない。どうしても気になるならブロック。

・人気になっていると公言する。なりつつあるのだから。

・影響力の強い人と会う。イベントに参加して必ず収穫を持って帰る。

 

途中途中質問を挟むスタイルで、正直わかりにくかった高度な部分等を他の方が質問されていたり、置いてきぼりになることがあまりなかったです。一方的でなく意見交換で気楽な気持ちで居れたの久しぶり。

 

f:id:kunimore:20170416094407j:image 

『夢について語ろう』

 

アウトプットも実際にやってみよう、いうことで。

ワークショップ実践的で、参加者にワークシートが配られます。

 

Want(ほしいもの) Have(やりたいもの) Be(なりたいもの)

 

それをするためにはーーーー、も書き込むかたちになっています。

 

あらかじめ、自分に設定していたり強い信念を持つ人にとっては当たり前かもしれません。しかしなかなかできないことがあったり、忘れていたりする。

 

なので「定期的に」という意味もあるんですね。

 

 

こちらも端的に。

 

・ブログは何のためなのか。毎日2時間書いたとしても夢が叶わないよりも叶ったほうがいい。夢を叶えるツールになれば十分良いよ。

・本質をみてあまりブログにとらわれすぎていても。PVがどうとか、ネタ的にどうこうよりも、好きなこと一直線。

 

 ブログ解析のテクニックで、非常にためになりました。

 

 

 

 

 

 f:id:kunimore:20170416094528j:image

 

 

 

 

 

私のメモにはまとめると上記のことがかかれてありました。ほとんどは目を見て話をきくことで、最適化されて頭に入る・理解するとは思いますが、同時に書かれたメモもこれまた大切なことのように思います。

 

とりいそぎですが、こんな感じですね。 

 

 

 

f:id:kunimore:20170416094640j:image

次回開催について

 

好評ということもあり、第二回も行われるみたいです。ブログを考えている方にとって行ってみることをおすすめします。

 

 

参加されている方の一人から、「あれこれ考えるよりも達人から教わった方が早い」というのもありました。

最短距離は時として謙遜されますが、ブログがなんなのかを知るだけでも。

美味しいとこだけつまみ食い的な考え方で。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【モノ3】ソニーa5100(ミラーレスカメラを買ってみて、嬉しくてたまらない!

 

 

こんにちは、くにあきです!
ソニーのミラーレスカメラ、a5100を買いました。わくわくです。

 

f:id:kunimore:20170328074442j:image


ソニーのa5100って?】


軽量モデルの本格ミラーレスカメラです。コンパクトデジタルカメラよりも、いい画像で、一眼カメラよりちょっとセンサーが小さめの、機動性と画質に優れたカメラです。

 

例えば運動会のときに子どもが走っているのを撮ったり、早い動物を瞬時に捉えることができ、夜の暗いところでもよく撮影が出来ます。


スマートフォンよりもそういったあたりに優れていて、なおかつ小さめのカメラに仕上がっているので、携帯しやすくなっています。


【購入背景】

買うまでに1ヶ月近くかかっていました。
もともと持っていたコンパクトデジタルカメラオリンパスSH-60)よりも、良いカメラが欲しいなあから始まりました。
ズームができ、手ブレもあり、満足ものですが、もうちょっと良いので写真を残したいと思いました。


CANON、NICON、オリンパスソニーパナソニック富士フイルム・・・
色々触ってみて、


①持ち運びしやすくて(350g〜500g程度)②画質がスマホより良くて(夜撮れる)③出来ればWifiが使えて④センサーが大きくて

などでミラーレスに決定しました。


家電量販店で最初に目に入ったのは、ソニーのa6000で、販売員も強くオススメしていましたが、まだ良さがわかってなく、色々見てから選ぶことにしました。

 

 f:id:kunimore:20170328074545j:image

左はオリンパス。右は富士フイルム

 

 

【それで】


ほぼ直感もありますが、ソニー富士フイルム

ソニーはコンパクトで持ち運びがしやすく、(=使う機会が増える)
機能でも言うことがないほど素晴らしいものです。

富士フイルムは、70年の歴史からのフジノンレンズが魅力的。
そのために他カメラから乗り換えたというレビューも多く見ました。
色やレンズで世界的に有名で、海外ファンも非常に多いとか。

 

CANON、NICONは一眼カメラに力を入れていて、オリンパスパナソニックは4/3センサーでレンズが豊富。

比べてみないとわかんないだろうな・・・


富士フイルムのXE-1から、最後に】

富士フイルムのカメラデザインにぐっときて、XマウントシリーズのXE-1を中古で購入。
安いレンズをつけて、もし上位が欲しくなったら足していけば良いと思い、一週間ほど使ってみました。
満足のいくものでした。
写真からは、豊かな表情と、含みのある色合いがよく出ていました。

 

ただ・・・、ちょっとかさばるかな・・・ポケットに入りそうなくらいなのも見ときたいなと思い始めました。


もう一回、別の店へ行って、実機をみてこよう。

 

 

 


【もう一度】


仕事帰りにお店に行ってみようと、「迷ってるんです、最高なのないですか」聞きにいこう思って入って見たら、
ソニーのa5100がありました。
最初にみたa6000の、ファインダーが無くてちょっとちっちゃくなったバージョンです。
大きさもGRまでとはいかないけど、持ち運びしやすそう。
動画や激しい動きにも強い。

 

 

・・・これだ!

 

理想に近いカメラ。

キャンペーンもついてるしお手頃価格で、家族で一緒につかっていったり、色々できる。


と思い、手持ちのカメラを下取りに出して買いました。

 

【ちなみに・・・(過去記事を見ながら)】
前回、富士フイルムのXE-1で遊びつくす予定でした。一週間で結構満足感を得たこともありますが、
後々イベントや旅行へ出ることを思うと、ソニーのほうが持ち運びしやすいかな。
コストパフォーマンスも良さそう。
気軽に考えたくもなっていました。

 

だってカメラだから、小難しいこと考えずに、フットワーク軽くいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オーストラリア旅行1】海外旅行出発前の準備と動機を振り返ってみました  

 

 

こんにちは、くにあきです!


2016年の秋のシルバーウィークの間オーストラリアにいってきました。
写真フォルダに眠っているだけではもったいないので、かくことにしました。

 

 


【オーストラリアへ行った理由は・・・】

 

秋のシルバーウィーク休暇で英語圏の海外旅行をしたかった!自宅で過ごすのはもったいない、滅多にないから海外へ行ってみたい。という思いからです。

 

シンガポール、カナダ、イギリス、オーストラリア・・・とどれにしようか。1週間とれるなら、遠出してみたい。

 

それと、海外で働く感覚はどういうことだろう?
現地で生活している日本人ともし会えれば、きっともっと面白いだろう。

 


検索キーワード「オーストラリア 永住権」で、オーストラリア現地生活サイトAplac(アプラック)をみつけました。


充実した内容で、すぐ近い日にオフ会を開くと知り、現地のみどころやオススメルート、何か面白いことを知りたくて参加しました。

 

多くの都市を見て回りたくて周遊したかったのと、オフ会幹事のOさんより、オーストラリアなら、シドニー在のTさんと、メルボルン在のYさんに
会ってみるといいよと聞いたので、その2都市を軸にプランをたてようと決めました。

 

これをきっかけに旅のプランをオーストラリアに決定しました。

 

START(関空)→ケアンズシドニーメルボルンケアンズ関空(GOAL)


ケアンズ →世界遺産キュランダ村・グレートバリアリーフ。田舎のオーストラリアと綺麗な海!
シドニー →世界遺産ハーバーブリッジ・オペラハウス。エージェントのTさんに会う。シドニーマラソンや市内観光。
メルボルン→西欧の雰囲気がする芸術都市・現代美術館。シェアハウスオーナーのYさんに会う。メルボルンオフ会。

 


海外線と都市間はジェットスターですませることにしました。

添乗員・ツアーやパックツアー、格安ツアーでなく、Booking.comやジェットスターHPでチケットを購入しました。

 

こうすることで、費用をおさえつつ、何処へでもいける融通のきく旅になります。
ジェットスターは日本国内で何度か使ったことがあり、フライト時間が変わっても大丈夫だと思い利用しました。

 

本当はブリスベンゴールドコーストにも行きたかったのですが、一週間だとこれでいっぱいいっぱいになります。


各2日間前後なので、慌ただしい部分もあります。
もうちょっとゆっくりしたかったですし、いいところで時間の関係上いかなければならないことも多かったです。

 

 f:id:kunimore:20170327073158p:image

 


【出かける前に・・・】

 

 

・貴重品の準備。パスポートやお金など。
・飛行機とホテルの予約(支払)
・オーストラリアの本や情報を集めて、楽しみに過ごす。

 

 

 

荷物は極力減らそうと考えました。必要のないものは途中で捨てる方針です。
お気に入りのパタゴニアアーバーパックに必要なものを入れていきました。

 

必要なものは現地で手に入れたら良いし、身軽なほうが楽だとのことで、スーツケースも持ちませんでした。
インターネットが使える分、気持ちも余裕だったかもしれません。

 


VISA:VISA(ETAS)はビューグランドから申請しました。スムーズに進みました。
また、日本出国時、紙のビザ証明書は必ずしも必要なく、証明書がかかれたメール文章をスマートフォンにいれる等でも大丈夫でした。
最終的には、空港現地で航空券を受け取ることにより、VISA証明確定になります。

 

 

Wifi:データ無制限のワールドDATAを利用。
オプションツアーの購入、メルボルンオフ会の連絡などでWifiスポット以外でも必要だと思い、ルーターをレンタルしました。
グローバルやイモトなど様々ありましたが、値段の安さと口コミ、データ無制限とのことでワールドDATAにしました。
関西空港2Fの郵便局にルーターが小包でとどいていて、当日からすぐ使える状態。
説明書と同封され、期限が来たら、日本のポストに一式いれて完了!

 

 

 

 

 

 

【モノ2】すごく軽くて丈夫なフチなしメガネ・シルエットSilhouetteが一番好き。

こんにちは、くにあきです。

 

今日は私が普段何気なくかけているメガネ、シルエットについて話そうと思います。
ふちなしメガネ大好き、中でも特にシルエットが大好きです。

 

 

 f:id:kunimore:20170327073023j:image

 

【私のメガネ購入経歴】

高校生デビューと共に、ナイロール(上側のみフチ有のメガネ)のブラウンを使っていました。
ブラウンはそれほど主張しない色ですし、ナイロールだとフチも少ないメガネで視野を広く取ることができて、なかなかのお気に入り。それから2本目として藍色のメガネを使っていました。

 

就職活動を終えて社会人になってから、パソコンをよく使うようになったので、ブルーライト軽減のメガネに切り替えました。

でも、フレームのデザインがしっくりこないのと、青い蛍光がレンズに少し映るのが気になり結局買替え・・・。

 

新しくメガネを買われる方で、フレームのかたちが気になってなかなか決まらない方も多くおられると思います。

 

 

【フチなしメガネって・・・】

 

フチなしメガネの最大の魅力は、素顔に近い、ナチェラルな状態でいられることです。なんというか、なんとなく優しい雰囲気を感じたり、以前よりも声をかけられやすくなった、なんてこともあるかもしれません。


フチとレンズのかたちは顔の輪郭で選んだほうが一般的によく似合うといわれていますが、フチなしメガネの場合は、あまり輪郭に左右されないようです。また、メガネが主張しないので、まるでメガネをかけていないようなイメージになる場合もあります。ユニセックスモデルが多く、顔のかたちや性別に左右されにくいです。

 

私自身、メガネを外したほうが似合うと結構言われたことがあり、コンタクトレンズを考えたことも少しありました。
ただ、目に入れることが嫌なことと、付け替えと手入れの手間が大変だと思いやめました。面倒くさがりな部分もあるんですね。


また便利な点として、縁が目からの視野に入らないので、うっとおしくありません。慣れたらなんとでもないでしょうけど、目から見える景色や日常に縁がぼんやり見えるのは好きじゃありません。


ネジがゆるゆるになりやすいとかネットによく書かれてありますが、2〜3年にまた度数が変わったりしますし、気になりません。
耐久性に難ありならそもそも商品にならんです。

 

 

 

 

 

【シルエットSilhouette】

 

それで、ふちなしメガネを探していました。
あと軽いメガネ。


インターネットで調べていったら、シルエット、メガネ市場のゼログラビティ、パリ三城のmicro-titan、iphoneスティーブ・ジョブズの丸メガネのルノア(Lunor)classic Round、あたりが気に入りました。

 

Classic Round以外は実際に試着することができ、かけ心地を試すことが出来ました。

ゼログラビティは折りたためるタイプと折りたためないタイプがあって、細い輪っかを頭の上に乗せるイメージでした。軽い。

 

 

micro-titanはネジありますが、ゆるみにくく、デザインもシンプル。
ルノアは近所では見当たらなかったのと、ちょっと予算オーバーでした。

それで、シルエット。

 

 

シルエットはフチなしメガネを専門につくっているオーストリアで有名なメーカー。
高級感漂います。

百貨店で試着でき、頭が鮮明になった気がしたので、これにしようと決めました。

 

 

 

【それで】

同時に、楽天でもメガネを見ていて、ちょうどシルエットのレンズ付きが手頃価格で販売されていました。

ネットで加工付きのメガネは初めてで、電話で取引の流れやアフターサービスを聞いていて良さそうだったので購入。
(※メガネ、レンズ交換のアイベリー。丁寧な対応だった)

 


購入したメガネはminimal-x(ミニマルエックス)という型です。エントリーモデルといえど、口コミ満足度が非常に高かったです。
ばね状の樹脂性で出来て、フレームは非常に軽く(最軽量モデルは1.83gらしい)、曲線がまた美しいです。
ネジがなくはめ込み式なので、こわれにくく、NASAの宇宙飛行士が良く選んでいます。

 

 

薄型非球面1.60レンズ付きの送料無料。送料、税込で23,760円。

あらかじめ眼科で視力を調べて、目の情報を申し込みに記入します。
私は乱視が入っているので、C-1.25とかもかいていきます。

 

 

レンズの形状やオプション(カラーを入れるとかフレームの色とか)も選ぶことができ、お店で買うのと大差ないですね。

百貨店でもし買うと、レンズにもよるけど4万円くらいします。

 


 

※後日、細部含みのことを書いてみます。

 

 

 

ではのちほどー。

【モノ1】富士フイルムのミラーレスカメラXE-1を注文してみて、楽しみに待ってる


【モノ1】富士フイルムのミラーレスカメラXE-1を注文してみて、楽しみに待ってる

 

 

こんにちは。くにあきです。


デジタルカメラが欲しいと思っています。


ブログで写真をはっていくときに、スマートフォンで撮った写真と、デジカメで撮った写真とを比べると、写りの奥行きや質感が違う。
ディスプレイのパソコンでみたときに、ハッと気がつきました。

 

そう、絵が違って見えました。
日が落ちそうになった時や、夜の風景の時に、ノイズみたいなものや、光の大きさがだいぶ違って見えました。
あと、夜食事をしている時だとかのも全然。

びっくり。


やっぱりカメラなんかな・・・

 

それで、色々選んでみて、


ミラーレス一眼カメラを注文したという話。

 

 

 

 f:id:kunimore:20170325080419j:image

 


ふとしたときに。でも結局どっちも買わなかった。

 


【これまでの経緯】


私は余計な荷物をあまり増やしたくないとずっと考えていますが、珍しく今回、カメラが欲しいを思いました。小さめのカメラで。
今持っているのは、コンパクトカメラオリンパスSHー60です。

 

f:id:kunimore:20170327073454j:image

 

ちっちゃくてズームもできる、可愛いカメラですね。
なかなか良く、旅行のときなどによく使っていました。

それで、個人旅行でオーストラリアにいったのですが、そのときにiphone6sで撮った写真と見比べてみたら、夜の写真があまり良くなかったのです。
夜、友達と食事していて、店内でみんなでワーイ(⌒▽⌒)している写真です。
ノイズかかったような、もうちょっと明るい方が良かったな・・・こりゃもうちょっといいのが欲しい・・・と思いました。


画質って大事なんですね。

 

【それで】


量販店に足を運んでみて、一眼やミラーレスなど、いっぱいありすぎてちょっとわからなくなりました。
デザインや持ち運びしやすさから、Canonのkiss7、ソニーのa6000、リコーのGR、富士フイルムのFUJIxシリーズあたりをみていました。

今持っているオリンパスよりちょっと大きいくらいならいつでも持ち運べそうかなと思いました。
こうやってみると、ミラーレスでも大きい小さいがあるのですね。

 

一眼カメラは、ミラーレスでカメラの魅力を感じたときに考えるとします。何十万円とカメラの重さにはまだ向き合えませんでした。
そう重すぎる・・・今の私には。

コンパクトデジタルカメラについては、スマートフォンのカメラは光を受け取るセンサーの大きさも大差ないような気もしますし。それだったらスマホかな。
一緒なら無くてもいい・・・

ミラーレスは、その中間かな。暗いところでも明るく写すことができて(スマホではできない)、画質も優れている。


今まであまり考えたことがなかったです。
しかもレンズまであります。


ソニーa6000は、非常に高機能なミラーレス。
GRは、とことんコンパクト。シンプル。
FUJIは、画質と定評あるフジノンレンズ。

うーん・・・

 

【結局】

そもそもカメラを使っていくだろうか、この先。
と心の底にあるものだから
FUJIのXE-1(中古で21,800円)を注文することにしました。富士フイルムはレンズの質が良く、種類も豊富です。
価格コムのプロダクトアワーで賞を多く獲得していて、きっといいカメラなんだろうなと。

ちょっとレトロな感じや、ダイヤルで直感的に操作できる部分も、気に入りました。
(上位機種のXE-2はWifi送信とAF強化なので、別に良かった)

面白かったら、上位のモデルに切り替える作戦。今このXE-1で遊びつくそうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初めまして】見つけてくださりありがとうございます。

 


こんにちは、邦明です。

数あるブログの中からこのページを見つけてくださってありがとうございます。
ブログは初めての試みです。宜しくお願いします。

 

f:id:kunimore:20170317230738j:plain


 

f:id:kunimore:20170321195551j:plain


 


「こんにちは。」

 


自己紹介といきます。 


メイン紹介3本と、一般的な自己紹介いきます。

 

【なぜブログを始めるかといいますと・・・】

素直に書きますと、

○仕事やお金につながるかなと、
○今まで溜め込んでばかりで、アウトプットもしたくなった

の2つが大きな理由です。

自己紹介の拡張、詳細な名刺の代わり、にもなれば、
例えば何かイベントに参加したとき、もうちょっと伝えておきたいことがある場合や、
事前に私はこういうことしていますを伝えることができれば・・・


また、フェイスブックツイッターだと、記事は流れてしまいますし、ある程度分量のある事をなかなか出せないです。
そういった理由からですね。


【これからどうするの】

しばらくはブログを続けていきます。


ブロク内容は

・アート、芸術、美術
・旅行
・その他、バドミントン

この辺りを書こうと思っています。
正直なところ、文章を書くことは得意ではありません。
ある程度経験値を貯めていけばなんとでもなると思います。慣れと習慣ですね。
写真やイラストを入れていきます。

 

実際、最初は3日坊主にならないように、気負いせずアウトプットの場としていきます。

様々な方々と出会えると嬉しいです。

 

ではまた!