読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kuni.art

旅行、お気に入りを紹介。

『アートたけし展(ART TAKESHI)』で思ったこと感じたこと

こんにちは、くにあきです。

 

 

日曜日ということもあり、久しぶりに美術してみたい。

『アートたけし展(ART TAKESHI)』にいってきました。

 

 

アートの感想をかいてみます。

 f:id:kunimore:20170521155322j:image

 アートたけし展ーー顔いっぱいーー

 

 

 

ーーー

1.アートたけし展って?

2.実際に行ってみました

3.感想

4.まとめ

ーーー

 

 

 

 

ーーー1.アートたけし展って?ーーー

 

アートたけし展は、芸能人ビートたけしが創作された版画や絵画、コラージュ等100点以上を集めた企画です。

 

展覧会は、全国を巡回しています。

 

 

東京 2016年2月

大阪 2016年3月

宮崎 2016年4~6月

金沢 2016年7~8月

福岡 2016年9~10月

長崎 2017年3~4月

鳥取 2017年4~5月 ※5月28日(日)まで

浜松 2017年6~8月

大分 2018年1~2

 

等々。

 

www.art-takeshi.com

 

 

 

私が初めて知ったのは口コミ。

 

ビートたけしのが県庁のとこでやってるでぇ」

「絵はよく知らんけど見にいってみるわ」

 

どこかで聞いた。

 

そして

告知をみても、作品やっぱりわからないので実際いってみてみよう!

 

と思い、行ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

ーーー2.実際に行ってみましたーーー

 

 f:id:kunimore:20170521163740j:image

f:id:kunimore:20170521154826j:image

 

『満車!』

 

日曜日のよく晴れた日もあってか、駐車場!満車

会場から少し離れた臨時駐車場でさえも、第二駐車場も一杯。

仕方ないのでもう一周したらなんとか入れました。

 

f:id:kunimore:20170521163811j:image

 

 

 

 

受付まで進むと、既に雰囲気が違っています。

 

お客さんの話し声が結構聞こえ、

家族、夫婦、カップル、一人。それぞれ好きなように話しています。

 

 

 

 

 

 

f:id:kunimore:20170521163823j:plain

※記念撮影以外は写真だめ、猫の助手席はOK。

 

 

そう、写真はぜんっぜんダメだったので※当たり前か

俄然目に焼き付けようとします。

 

でもね、

タイトルの名前はなく、

解説もなく

シリーズになっているわけでもない。

 

 

展示作品を半分見たあたりで、

『意味ってなんだろう?』

と、ふと思ってしまったのでした。

 

そこで、あたりを見回すと

 

先ほどの家族、夫婦、カップル、一人。

 

 

それぞれ好きなように話していました。

 

 

 

ああ、なるほど、そういうことか

自由でいいんだ

 

f:id:kunimore:20170521163859j:image

 

 

 

 

 

 

ーーー3.感想・まとめーーー

 

意味を問えば問うほど訳がわからなくなってしまう展示会。

私は一人で行きましたが、これは絶対誰かと行くべきと思いました。

 

間違っても一人ではあまり良くない気がします。

 

 

美術らしさ、難解らしさ、高級らしさ。

そういったものが見当たらなかったのです。

 

対象をみつめる機会があって、正解や考察もどうでもいいから

おしゃべりの延長としてこの場に行く。

 

そういった企画のように感じました。 

 

f:id:kunimore:20170523104314j:image 

 

一番のお気に入り作品は決められませんでしたが、

猫が金魚鉢をとろうとしている作品が印象的でした。

 

静かに日常が淡いベージュで描かれていて

この絵は30年くらい飾っても違和感なく空間に溶け込みそうな。 

 

 

f:id:kunimore:20170521163846j:image

 

 

 

 

からっとしたいい天気。

 

お堀には鯉がいて、子どもやお年寄りが鯉をみていました。

 

 帰り道も時間がゆっくり流れている気がしました。

 

では、そんな感。

 

 

短めの、さらっと使いたい英文


こんにちは、くにあきです。

 

私は継続して英語の学習をしています。

 

比較的長い付き合いになっている『単語帳Duo3.0』から、

この英文好き!よく使う!を紹介します。

  
英語は英語サイトやコミュニティにも参加しやすくなり

広い視野で生活できます。


30歳までに英検1級レベルを取得目標にしていますが、

結構実力として先が長いですね。

 

 

積み重ねとして。フレーズをイラスト付きでかいてみます。

※準備中

 

 

ーーー

 

1.英単語DUO3.0って?

2.好きな英文、使える系

3. まとめ

 

ーーー

 

 

 

f:id:kunimore:20170521120058j:plain

 

1.英単語DUO3.0って?

 

DUO3.0は英単語と英熟語を効率的に覚えることができるツールです。

560個の英文の中に、

重要英単語約1500個、

重要熟語約1000個入っていて、

英検準1級レベルまで語彙を増やすことが出来ます。

 

 

 

DUO3.0は日本でとても有名な本で

アマゾンのベストセラーに長い間あがっています。

 

書く、読む等自由に使えますが、

私はよく、別売のCD音声の後にしゃべって学習しています。

 

 

 

 

ーーー2.好きな英文、使える系ーーー

 

 

 

While I was hanging out at the mall, I ran into ken.

 

ショッピングモールをぶらぶらしていたら、偶然ケンに会った。

 

hang out (動)何となく時間を過ごす・ぶらぶらする

mall (名)ショッピングモール

run into (動)偶然出会う

 

 

hang out はgoogleハングアウトより何となくイメージがつきます。

mall は単独で使われたらピンと来ないですが、かなり馴染みのある言葉。

run into は躍動感が好き。run, run, run, 偶然だね! みたいな。

 

 

 

 

"Can I borrow your scissors?"

"Sure, here you are."

「ハサミ借りてもいい?」

「もちろん、はいどうぞ」

 

borrow(動)借りる

scissors(名)はさみ

sure(副)もちろん

here you are(定)はいどうぞ

 

私の場合、

 

this, yes, this one,・・OK, thank you.

これ、そう、これ(これ借して)。ありがとう。

 

みたいになってしまうことが多いので、丁寧言葉が使えるようになりたいです。

普段からキチンとした対応が出来たらカッコイイだろうなと思います。

 

 ーーー3.まとめーーー

 

 英単語帳Duo3.0の中で比較的使いやすい英文を2つ紹介しました。

いずれも短めですが、親しみがあって好きな英文です。

さらっと言えたら完璧ですね。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

全日本かくれんぼ大会っていったいなんなんだ?

こんにちは、くにあきです。

 

知人からの情報で『全日本かくれんぼ大会』を知りました。

 

全日本というに大規模な、そしてかくれんぼ。

ガチな感じなのかなと検索画像してみると

 

 

・・・ 

 

一体なんだ、面白そう

 

 

 


 

 

 

 

ーーー

 

1.全日本かくれんぼ大会って?

2.準備

3.まとめ

 

ーーー

 

ーーー1.全日本かくれんぼ大会って?ーーー

 

 

いくつか記事をみて、こちらの記事が一番わかりやすく

会場の流れをつかむのに役立ちました。

 

※読むのに5分程度

 

www.machiota.com

 

 

 

ここに全国からかくれんぼの日本一が決まるみたいです。

 

基礎情報としては、

場所は兵庫県湯村温泉の湯けむり。

近くに但馬牧場公園、冬はスキーで楽しめる自然豊かなところです。

 

2017年6月11日(日)、全日本かくれんぼ大会第18回。

 

 

募集は5月19日(金)、今回は兵庫県知事選挙の関係で早まったようです。

見学も自由で、家族で見に行く方も多いようです

 

追記:募集延長で※日までのようです

 

隠れるエリアは指定されていて、隠れるの禁止の場所もいくつかあるようです。

温泉の中とか湯けむりの中とか。

 

 

 

面白そうです。

 

コスプレや仮装、擬態をやってかくれんぼするみたいですね。 

温泉村でアニメのキャラクターや人物なりきり、

なんでも有りの工夫を凝らしたかくれんぼとなっているようです。

 

 

子どもから大人まで、熱戦が繰り広げられます。

 

 

 

 

ーーー2.準備ーーー

 

全日本かくれんぼ大会第16回に登録してみました。

登録締め切りが金曜日ということもあり、急ぎでなんとか済ませました。

 

かくれんぼの達人は受付開始からきっと応募しているでしょう。

 

 

参加費は

隠れ人(隠れる側)1,500円

おに(捕まえる側)2,000円(子ども1,000円)

 

仮装が必須ではないことで気軽に応募でき、私の場合幸いにも会場は遠くないので

応募しました。物は試し感覚もありました。

 

衣装はちょっとまだ未定ですが、

今回ぎりぎり提出なので、力のこもったものにはなかなか出来ません。

 

本気の人は早めに取り掛かると当日満足度が増すでしょう。

 

 

 

 

ーーー3.まとめーーー

 

 6月は梅雨でうっとおしいものですが、このイベント楽しみです。

 

公式が出している『かくれんぼ大会の唄』をみると、

なんだか安心感と童心を感じました。

 


第16回全日本かくれんぼ大会【兵庫県美方郡新温泉町】

 

 

当日楽しみです。

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

鳥取で羽球といえばバードミントン

 

 

こんにちは、くにあきです。
ブログがちょっと習慣化しました。

 

もし鳥取でバドミントンしようかなと思ったら。

 

『バードミントン(鳥民団)』おすすめー!


ーーー

1.バードミントンって?
2.流れ的なもの
3.魅力
4.まとめ


ーーー

 

ーーー1.バードミントンって?ーーー


鳥取市の西日本コカコーラウエストパーク(総合布勢運動公園)で
週に1〜2回、
初心者でも誰でもwelcome,
和気藹々とバドミントンをしています。


午後8時から10時まで、体育館のメインアリーナ、サブアリーナのどちらかで行われています。

 

 

birdminton.info

 

 

 

公式ホームページ

『バードミントン(鳥民団)』

バドミントンは英語で
Badminotin

そこから

bard+mintion
鳥+ミントン(?)

=バードミントン

と来ているようです。


覚えやすい!

 

 

ーーー2.流れ的なものーーー

 

 

 

流れはこうです。

・こんばんはとかなんとかあいさつ

・名前記入欄にパパッと書いて(お金300円)
・軽い準備、体をひねったり、アキレツをのばしたり
・15分くらい基礎打ちをします。
・そのうち、リーダーがくじを配ります。

・全員ダブルスで、だーっと!ミニ試合形式
・21点セット先取で勝利。
・休憩をとりながら・・・
・最後にモップがけ、あっしっした!

 

 

一番最初は、安いラケットやシューズから、初めていきましたが

なかなか面白い

短時間で結構汗をかくし

 

・なんやらストレスを感じたとき
・なんだか寂しいとき、体を動かしたいとき
・新しく趣味を始めたいとき

 


ちなみに鳥取県民は、真面目系で
シャイな属性。話しかけたら結構くいつきます。

気がついたら勝手に打ちとけます。


ガードが固いけど中身柔らかい系です

 

 

 

ーーー3.魅力ーーー

 

ホームページの更新がよく行われています

2〜3ヶ月先まで体育館でのスケジュール予約がわかるので計画を立てて行きやすいです。

 

強い人や先生もいます。

 

初心者教室も専用コートで行われています(状況に応じて)

 

 

穏やかな雰囲気。

 

 

 

駐車場はとても広く

体育館は鳥取県でかなり大きい方です。

スポーツジムや自然公園、陸上競技場、テニスコート等充実しています。

鳥取駅から車で10分ほどの立地です。

 

 

 

イベント随時行われています

 

次回は『バーミンカップ』

 

ーーー4.まとめーーー

 

 

地域のサークルや、スポーツ教室等やっていたこともありましたが、

バードミントンおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくTEDを流し読みしてみて感じたこと

こんにちは、くにあきです。

今日は短めに。

 

 

YoutubeでTEDの講演をみていました。

よく、プレゼンの練習になるとか、いいこといってるなとかで注目だったりする。

 

一時的な、自分もできそう!という錯覚と快感。

いわゆるあれ。

そんな感じ。

 

お気に入りを2つ紹介します。

 

 

 


Your body language shapes who you are | Amy Cuddy

 

1つはボディーランゲージ。

ボディーランゲージは、態度、姿勢のことで、胸をはっていたり、自分を大きくみせることを『ボディーランゲージを強める』という。

 

自分に大して能力そのぶんの能力がなくても、仮にあまり自信がなくても、そうするほうがよっぽど良いみたいです。

 

猫背はやめておこう、とか。

 

あと、面接か、人と交渉する前に、化粧室かどっか隅っこで、

1分かそこら『体をものすごく大きくみせ・両手を広げて・反り返るくらいに!!』

 

そうすると、ボディーランゲージを強めることが出来るようです。

 

就活の練習か何かで、

ボディーランゲージ:声のトーンや印象:話の内容=6:3:1

を聞いたことがあります。(正確な比率は定かでないですが)

 

また、見た目が9割とか、

 

第一印象、だとか。

 

別にハイテンションになったり無理に元気っぽくしなくても

その態度をするだけで、効果を得られる。

生物、威嚇行動のように(厳密には意味違うだろうけど)、自分を大きくみせることで強く見せたり、求愛行動でも大きくみせたりしている。

 

そう考えると、割と自然な事で当然の成果かもしれません。

 

 

 

もう一つのプレゼンのほう。

 


How to Become a Millionaire in 3 Years | Daniel Ally | TEDxBergenCommunityCollege

 

億万長者になった人の話だけど、お金の話はそれほど話題にあがりませんでした。

彼曰く、①読書する、②影響力の強い人に会う、③高い目標をもつ、紙に書く。

 

だそうです。

 

 

めっちゃシンプル。

 

でも正論だと思う。

 

特に②の影響力。

 

お金持ちと友達になれば、その人の考え方や動き、様々な部分でそうなるとよく聞く話。

逆転の発想をする人に寄り添えば、頭がやわらかくなってくる。

『類は友を呼ぶ。』

 

その輪の中にだーーーんと入れば一番手っ取り早い。

 

 

 

 

ーーーまとめーーー

 

なんのためにTED見ていたか、私の場合は

もっとボディーランゲージを高めたい。

一手一手をきちんとよく見て、楽しく生きるには何が必要か。

 

改めて考える機会となりました。

 

 

 

 

 

ひらくPCバッグminiに『開いて』『入れる』

 

こんにちは、くにあきです。

今日は開くPCバック miniについて気に入っているところ、改めて見てみたいところについて書いていこうと思います。

開くPCバック miniは、本やノートパソコン、水筒、その他を
『立てて持ち運べるバッグ』で、
『ペンスタンドみたいにさっと出せる』

そんなバッグです。

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

色ペンどんどん入ります。

写真カメラで撮るために一杯入れて見ましたが、

普段使いではこんな感じ。

 

 

 

 

 

水筒、ipad、スケッチブックなど・・・、そう、ピクニック感覚にもなります。

図書館やちょっとした待合、天気の良い日にベンチに腰掛けてサッと絵を描く。

 

いいですね。

 

 

このバッグはノートパソコン(13インチ程度の大きさまで)を入れても倒れない設計になっています。

 

横から見ると・・・

 

 

 

バッグは、三角形のかたちになっています。

 

重心を安定させて、全体のバランスをとっているようです。

 

かばんのディテールを見てみます。

 

 

メジャーで計ってみますと、横幅が約28センチ。

A4サイズの紙(縦)よりちょっと小さく、

ちょうど、iphone6(縦)が2機並んだ大きさ。

例えば、一般的なメンズの靴がギリギリ入る。

りんご2個半の長さ。

 

 

 

 

奥行き約12センチ。

横に長い弁当箱がちょうどすっぽり入ります。

2リットルのペットボトルは厳しいですが、500mlのペットボトル3本は余裕で入ります。

比較的軽量のミラーレスカメラ(例えばソニーのa5100やa6000)はキットレンズをつけたままでも入ります。

 

折りたたみ傘も入ります。

 

それから高さは、B4サイズの書籍や、13インチのマークブックが入る程度。

バッグの上部は余裕をもたせるほうが、使い勝手が増します。

 

 

 

バッグの紐・・・じゃない、なんていうんだろ、肩にひっかける。

ここの部分は使ってみていつも思うけど、とても持ちやすいです。

 

厚みのある布で、幅もしっかりとあり(約5cm)、1キロのパソコンを入れても疲れにくく感じます。先ほどの『かばんの安定感』も関係しているでしょう。

 

小学校のときにしていた、黄色いのたすきを思い出します。

なんとなく親しみやすい。

 

 

 

バックの持ち手については、深みは2センチほど。

ひょいっと手提げで使うときに重宝します。

最初この部分固かったのですが、今ではちょうどいいくらいの持ち手になりました。

 

 

本家の『開くPCバック」にはないですが、このmini版にはついています。

ちょっと場所を変えたいときだとかすっごく便利。

 

4本の指でひっかけて。

 

 

 

 

 

ミニポケットはメッシュ状になっていて、外からでも少し見えるようになっています。

名刺、ティッシュやハンカチ、iphone、小道具などいけます。

文庫本はここには入らないです。

 

乗車券のチケットやスケジュール手帳も良さそうです。

 

缶バッチもいい。

 

 

 

 

ーーーまとめーーー

 

毎日使うものは、使い勝手のよいものがいい。

バッグが倒れないことはそれだけで非常に快適です。

 

あと、シルエットも美しいです。

 

 

今回写真撮ったのはブラウンではなく黒で、比較的黒い方の黒です。

ちょっと淡めがいいなと思う方はブラウンも綺麗です。

 

 

 

 

 

miniは縦に大きいですが、言うほどミニではありません。

本家『開くPCバッグ』は横に広く、15インチノートパソコンも入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植田正治美術館の帽子をゲットしました。

 


こんにちは、くにあきです。

 


今日はよく晴れた春の日。

昼過ぎから、鳥取県西伯郡にある植田正治写真美術館に行ってきました。

この美術館は想像以上に神秘的な場所で、行って良かったです。

良かったことを書いていこうと思います。

 

 

 

 ーーー目次ーーー

 

1.植田正治写真美術館って?

2.実際に行ってみました

3.まとめ

 

 

ーーーーーーーーー

 

 

f:id:kunimore:20170430075850j:plain

 

ーーー1.植田正治美術館って?ーーー

 

“日本が誇る世界的写真家、故・植田正治氏の作品約1万2000点を収蔵、展示するミュージアム。生涯山陰の自然にこだわり、写真をーーーー(植田正治写真美術館HPより)

 

植田正治美術館は、

数々の植田正治作品と、

伯耆大山(ほうきだいせん)』と『植田正治美術館』

が目玉となっています。

 

 

実のところ、植田正治について詳しくありません。

世界的に有名な写真家だということと、鳥取砂丘の写真が印象的だということ程度なので、深く知りたいと思い訪ねたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー2.実際に行ってみましたーーー

 

 

 f:id:kunimore:20170516232701j:image

 

西日本で、鳥取県の西部に位置し、

 

 f:id:kunimore:20170516232711j:image

 

中国地方最大の大自然伯耆大山(ほうきだいせん)』に位置します。

(丸印のあたり)

 

f:id:kunimore:20170430074548j:plain

 

最寄の米子駅より車で30分程度。

 田畑が多くあって、童心にかえるような、どこかほっとする場所です。

左側に見えるのが大山です。

 

 

 

 

f:id:kunimore:20170430074606j:plain

 

駐車場から降りて、上の看板がすぐ見えます。

 

そしてここから美術館内の受付まで、既に・・・。

 

 

 

f:id:kunimore:20170430074841j:plain

 

こんな感じの、静寂な余韻です。

打ちっぱなしコンクリートの等間隔に丸い穴。

 

 

エントランスの足元には砂利とコンクリート

歩くと、コツ、コツと音。

 

青空も見え、完全に建物の『外』なのですが、こういったしきりが、まるでもう入ったような錯覚になりました。

 

 

 

 

f:id:kunimore:20170430074757j:plain

 

美術館は、細い三日月をしています。

そして、三日月の真ん中が受付のところになっています。

 どの階層からでも大山が見える仕組みのようです。

 

 

 

 

f:id:kunimore:20170430074907j:plain

 

入場券は本の栞にもぴったり。

美術館の立面図がチケットの裏と面に印刷されています。

ちょうど真ん中の部分が入り口ですね。

 


f:id:kunimore:20170430074927j:plain

 

開催中の「かたち」。

展示ルームは複数あり、そのうちのひとつです。
日常の中の、究極の美しいかたち、が展示されています。

 

 

f:id:kunimore:20170430075811j:plain

 


休憩ルーム。

ここでコーヒーを飲んで、ゆっくりしていました。

目を休めて、一息ついた後、美術館を歩くととても面白いです。

違った感覚が出てきたりと楽しいのです。

 

 

f:id:kunimore:20170430075036j:plain

 ミュージアムショップより、コーヒーを注文しました。

長めの車の運転をしていたので、リフレッシュ出来て良かったです。


ここには、お洒落なスケッチブックあって、ちょっと欲しかったです。

 

 

 

f:id:kunimore:20170430075850j:plain

 

f:id:kunimore:20170430075932j:plain

 

 

美しい大山と、大山が帽子・・・?

 

をかぶっているかのよう。

 

 


この帽子が、美術鑑賞しなきゃ!というのを脱いでくれました。


有名な作品群を前にしたりすると、おもわず身構えてしまいそうになります。

笑ってはいけないような。

着眼点や作品の良さを考えてみるとか。

でも、この帽子のように楽しみたいと思って訪ねたのでした。

 

そう、この帽子が欲しかった。

 

日々の緊張をほぐしてくれる気がしました。

 

 

 

f:id:kunimore:20170430075055j:plain

 
小道具の傘とステッキもありました。

劇団が始まりそうで、実際、来られていた家族やカップル、役者になりきって夢中になっていました。

(私も) 

 

f:id:kunimore:20170430080003j:plain

 

 

 

シンプルながらにいろいろなシルエットが出来上がるんですね。

傘をさしてみたり、無数に出来そうです。

 

このようにアーティストしたくなる美術館はなかなか無いです。

 

初めてかもしれないです。

 

 

 

 

 

ーーー3.まとめーーー

 

植田正治作品は、アーティストしたくなる美術館。

 

魅力をもっと書ければと思うのですが、残念ながらまだ書けません。

(力量的な意味で) 

 

もし近くを通ったら行ってみてください。 

登山やスキー等、自然のアクティビティともおすすめです。 

 


ーーーInformationーーー


鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
・火曜日休館
・9:00〜17:00
・0859-39-8000

・料金大人900円(前売り券はないようです)

 

※季節の変わり目にもぜひ行ってみたいです。